まんがのカンヅメ―手塚治虫とトキワ荘の仲間たち

著者の丸山昭さんはトキワ荘の漫画家立ちを育てた伝説的な漫画編集者。通称マルさん。


比較的漫画家側から語られることの多いトキワ荘について、編集者側から見たエピソードが色々とあって興味深いです。トキワ荘には以前から興味があって何度か書いているのですが(id:SIM:20040720、id:SIM:20040918)やはり新しいモノが生まれてくる躍動的な時代、しかもその中心地の熱さというのは半端ではないなあと感じられます。
漫画制作における編集者の役割というのは、単なる担当ではなく表に出ない共同制作者に近い場合もあるらしいですね。