わが闘争―不良青年は世界を目指す

角川春樹著。釈放後に書かれた、全編に「角川春樹」が溢れている自伝。これは面白い・・・面白すぎる。

わが闘争―不良青年は世界を目指す

わが闘争―不良青年は世界を目指す


まずタイトルで引き込まれます・・・ヒトラーと同じ「わが闘争」です!そして表紙でさらに引き込まれます。信長が着ているような南蛮胴を着込み高層ビルを背景に佇んでいる角川春樹!さらに本を開くと羽織袴で日本刀を持ってポーズを決める角川春樹の写真!その後に続くのは名言、至言の数々・・・

おれの「魂」は「スサノオノミコト(素戔嗚尊)」である。

おれは、明らかに以前よりもパワーアップしている。

ハワイで宇宙人と交信した

おれは歩く神社である

おれのパワーは自然現象にも影響を与える

おれは、自分以上の本当のカリスマに会ったことがない。

弟のような平凡な普通の人間と、おれのような天才とは、歴然とした差があるということだ。

刑務所を出てから、以前よりも女性にもてるようになった

などなど・・・全編この調子で語りまくっています。引用だけみるとトンデモ本のように思われるかもしれませんが(実際そういう側面もあるんですけどね・・・)この「角川春樹パワー」意外と心に残る!というのも否定できない事実であったりするのです。他にも、家族について、女性関係について、会社の戦略などについて書いているところもあり、こちらも興味深く読みました。


この本オススメです。


株式会社 角川春樹事務所 - Kadokawa Haruki Corporation
http://www.kadokawaharuki.co.jp/

小さな会社の会長日記 - 株式会社 角川春樹事務所
http://www.kadokawaharuki.co.jp/blog/

角川春樹 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%98%A5%E6%A8%B9