最近の少年ジャンプ

細君のために毎週買っていて、帰り道にパラパラとめくっています。いくつかの漫画しか読んでいないのですが、その数少ない読んでる漫画が連載終了になる・・・という確率が、なんか非常に高いのです。思い出せる範囲では、一番のお気に入りだった、森田まさのりの「べしゃり暮らし」が他誌に移ったうえで終了。

べしゃり暮らし 1 (ジャンプコミックス)

べしゃり暮らし 1 (ジャンプコミックス)


べしゃり暮らし 2 (ジャンプコミックス)

べしゃり暮らし 2 (ジャンプコミックス)


べしゃり暮らし 3 (ジャンプコミックス)

べしゃり暮らし 3 (ジャンプコミックス)


たまには新しく始まった漫画を読もうと目をつけた、いとうみきお謎の村雨くん」もアッという間に終了。で、今読んでる杉田尚「斬」叶恭弘エム×ゼロ」なんかも、後半ページが定位置になりつつあるんですよねえ。まあ、私の漫画を見る眼が無いとか、買ったんなら全部読めよ、とか色々とあるわけですが。傾向として、


「人気絶頂の漫画ほど途中から読みにくい」


ってのは実感としてあると思うんだけどなあ。